女性の目

複数の方法で悩みを解決する大阪では片目だけのふたえ整形も人気

二重整形の1つである埋没法のリスク

埋没法で二重まぶたを作ると、まぶたの痛みと内出血が起こることになります。けれども、埋没法はメスを用いない手術なので、1週間経つと痛みや腫れが落ち着くとされています。また、1週間経過してまぶたの痛みと腫れが残っていても、1ヶ月経てば完全に落ち着きます。
そして、いくら理想の二重まぶたを手に入れても目の形が左右で異なるので、手術後は左右差が出ることになります。二重まぶたが理想としていたのと大きく違う場合は、やり直す方が良いとされますが、左右差が気になるなら埋没法を担当した医師に相談するのが大切になります。
なぜなら、手術を受けてから1ヶ月経っても左右の目のバランスが揃わない場合でも、修正できるかどうかを確認する必要があるからです。また、埋没法で予想外の二重ラインになっていた場合は、まぶたの痛みとむくみの影響により手術後から1ヶ月は様子見することになります。
そのため、手術してから1ヶ月経ってから修正を申し出することで、再び埋没法で二重まぶたを作る手術を受けることができます。糸を通して二重まぶたを作る埋没法のリスクは、手術後の目の左右差と想定外の二重ラインに主に悩まされることになります。そのため、修正できるかどうかは予め手術を担当する医師に聞くことがトラブルを避けるポイントとなります。

News

Site map

Copyright © 2017 複数の方法で悩みを解決する大阪では片目だけのふたえ整形も人気 All Rights Reserved.